永久脱毛の種類とその効果

永久脱毛にはいくつかの方法があり、使用する機材や技術の発展によって変わってきています。永久脱毛は一度脱毛をしてしまえば、ムダ毛の処理をする必要がなくなるので楽ですし、ムダ毛の処理したあとが目立っていた人もムダ毛の根元から破壊するため綺麗になります。

肌にかける負担が少なくてすむため肌が荒れることも少なくなります。



最初に費用はかかりますが、その後はムダ毛に気をつかう必要がないため長い目で見たときにはコストパフォーマンスがよいです。

永久脱毛の種類とメリットを紹介していきます。
美容外科で主流なのはレーザー脱毛です。

皮膚に特殊な波長のレーザーを当てて毛乳頭を焼いて毛の育成にかかせない根元を機能させなくする方法です。
毛の色素のメラニンにレーザーを反応させて焼くという仕組みです。



レーザー脱毛のよいところは痛みが少なく短時間でおわり、皮膚へのダメージが少ないということです。

肌が弱い人にもトラブルなくおこなえるため安心です。日本人は黒髪なのでレーザーに反応しやすく適しています。フラッシュ脱毛はカメラのストロボ状の光を照射し毛乳頭を機能させなくする方法です。
レーザー脱毛と毛乳頭を機能させなくするという点では同様ですが、レーザー脱毛は医療機関でしかおこなえないのに対して、フラッシュ脱毛はエステや脱毛サロンでおこなうことができます。

メリットはレーザー脱毛と同じように痛みが少なくて短時間で済むというところです。



一度の照射する範囲がレーザー脱毛と比べて広く医師免許がいらないため、エステや脱毛サロンでおこなうことができ気楽に脱毛することができます。

ニードル脱毛は毛穴に針を刺して電流を流し毛乳頭を機能させなくする方法です。

レーザー脱毛が主流になる以前の永久脱毛にはニードル脱毛が主流でした。

時間はかかりますがレーザー脱毛に比べて毛穴の数だけ丁寧に脱毛するので永久脱毛の効果が高いのが特徴です。このように永久脱毛はいろいろな種類がありますので、内容を理解しておこなうことが大切です。